洗堰(あらいぜき)とは

 堰は川や湖をせき止めて水を溜める構造物です。

 その中でも洗堰は、堰の高さが固定されていて、堰の高さより水が増えると、水が堰の上を洗って流れるタイプのものを指します。

 堰の高さを動かせるものは本来の洗堰ではありませんが、瀬田川洗堰は固有名詞となってしまった例外です。

旧瀬田川洗堰(通称:南郷洗堰)とは

 明治38年に完成した、レンガ・石造の堰です。琵琶湖の水位調整に用いられました。

 昭和36年に現在の洗堰が完成して、その役目を終え、一部だけ残っています。

 堰の上は立入禁止になっており、レトロカフェ開催時のみ立ち入ることができます。

土木遺産での「思い出づくり」

 門司港レトロ(福岡県北九州市)も三角西港(熊本県三角市・写真)も、

 明治の土木遺産を活用した観光地になっています。

 でも周囲に建物を建てたり、ベンチを作ったりという、モノをつくることが重要なのではありません。

 土木遺産という優れた空間を生かして、

 若い人も「新しい思い出を作ることができる」場づくりが行われているのがポイントなのです。

 家族で休憩した一時。散歩の途中に寄るお気に入りの場所。

 そういった「新しい思い出」が生まれ続ける限り、その場所はいつまでも人々の心の中に生き続けます。

 でも・・・その土木遺産の現役を知る人しか思い出に浸れなくなったら・・・

 いつしか忘れ去られてしまうでしょう。

洗堰レトロカフェとは

 旧瀬田川洗堰(南郷洗堰)での「思い出づくり」をテーマに、川の上のオープンカフェを市民・学生が毎月第四土曜日に開催するイベント(市民活動)です。

運営の費用は、オープンカフェへ来訪される皆さまのカンパにより賄われています。

カフェのデザイン

 洗堰レトロカフェのデザインは、学生スタッフにより、2009年の発足から一つ一つ作られてきました。

テーブルクロスは自作

パラソルは学生スタッフセレクション

エプロンデザインは学生スタッフのアイデア

黒のポロシャツと合わせることにしました

冬のコートも学生スタッフのセレクションです☆

龍谷大学交響楽団のミニコンサート

学生スタッフの調整により実現♪

河川協力団体

 洗堰レトロカフェ開催の活動は、国土交通省近畿地方整備局より河川協力団体(河川法 第二章の三)の指定を受けた活動。

 なので、河川管理に関する情報の提供・知識普及等について取り組んでいます。


 河川敷にはたくさん雑草や木が生えてきます。

 切ったあとはゴミになってしまうのが問題

 そこで作られたのがリサイクル堆肥

 無料なのですが、あまり知られてません。

 そこでおしゃれに配布コーナーをつくってみました(現在は終了)

 デザインは河川事務所職員との協働です♪

謝辞

 本イベントは広島・太田川のポップラ・ペアレンツ・クラブの活動(写真)と、琵琶湖河川レンジャー三井直美氏の活動に着想を得て、2009年にスタートしました。

 またGMT紅茶専門店には、当初より様々なご助言・ご協力を頂いております。


 この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。